私のおすすめ本

今回は読書の話題。読書の秋を通り越してもう冬だが

自分としては一年中読書していたい派なのでお構いなし。

さて、profileに書いた通り自分の唯一の趣味が読書で、

しかも図書館ヘビーユーザー。本というものをあまり

購入したことがない。そんな自分だが、数年ぶりに本を

amazonで購入した。

どんな本かというと…

安藤達朗:著「いっきに学び直す日本史」

この本は社会人が学校で習った日本史を

学び直す趣旨で書かれている。

帯にあるように佐藤優氏が30年愛読してきた座右の書らしい。

他の日本史の解説本などと比べると、

覚えるべき単語が比較的多く記述されている事が

個人的に気にいった。

日本史を学び直すならこの本を買っておいて損はないと思う。

自分はこの本を骨格として据えて図書館で借りた歴史本で

骨に肉付けをするような勉強をしていきたいと思っている。

そうは言うものの時間的な余裕のなさ、

図書館で希望の本がなかったりもするので

思うようにはかどらなかったりもするが。

あと、この本のあとがきで佐藤氏が

「歴史小説で歴史を学んではいけない」と書いている。

これは”厳密にいえば小説はフィクションなんだから

事実との線引きはきっちりすべきだ”という事なんだろう。

しかしただ教科書を暗記するだけでは

味気ないのも事実である。

 

ま、あまり肩ひじ張らずに歴史を楽しめれば良いんじゃないか。

そんな風に思う。